日本インストラクター技術協会

日本インストラクター技術協会では、教える力を中心とした技術の水準の向上、各スキルの社会的地位の確立を目標に、資格認定制度を実施しております。各スキルを利用する企業、現場において要求される基本的な技術を十分理解した上で、用途や目的に応じて、技術の有効活用を行うことができる人材の育成を目的としています。

紙おむつリサイクル始まる~日本インストラクター技術協会トリビア

日本インストラクター技術協会のブログへようこそ!

ここでは日本インストラクター技術協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

日本インストラクター技術協会には介護食やベビーフードの資格もあります。

 

高齢者や赤ちゃんの食事とともに必要になるのが紙おむつ。

 

【紙おむつの処分費用は税金から】

紙おむつの処理に税金が使われていることを知っていますか?

日本では年間約95万トンの紙おむつが生産されています。

 

海外輸出に40万トン、残り55万トンが日本で使われている量です。

 

特に高齢者の紙おむつは10年で160%も増加しています。

 

紙おむつはゴミになると重さが約4倍になります。

 

この量は年間にして、東京ドーム約533個分にもなるんです。

 

これを焼却処分します。

 

ここまでの費用が税金で賄われているんです。

 

大変な額になることが想像できますね。

 

【紙おむつをリサイクルできなかった理由】

単純に紙おむつをもう一度紙おむつに再生(水平リサイクル)できれば、効率的で環境にもよくなるとだれもが思うところです。

 

紙おむつがこれまでリサイクルされてこなかったのには、2つ理由があるんです。

 

①使用済み紙おむつから排泄物を完全に取り除けない。

②水分を含んでいるので重くて回収が難しい。

 

ユニ・チャームが開発・特許取得】

紙おむつ国内最大手のユニ・チャームが、このふたつの問題をクリアしていよいよ2023年にリサイクルした紙おむつを販売することを予定しています。

 

その方法はまず使用済み紙おむつを細かく砕いて、水を混ぜ分離、パルプだけを取り出します。

 

その後落ち切れていない汚れをオゾン処理できれいにして、再生できるパルプに変えるという方法です。

 

紙おむつの回収については2016年から鹿児島県内で実証実験してきたそうです。

 

特許も取得済みで、この後は実際にリサイクルした紙おむつが売れるかどうか。

 

紙おむつのゴミはどんどん増えています。

 

リサイクルが上手くいけば、処分費用が減る上に二酸化炭素の排出削減にもなります。

 

個別回収にみんなが協力して、再生された紙おむつが実際に受け入れられれば成功なのですが・・・

 

日本インストラクター技術協会にはさまざまな分野の教える資格がそろっています。ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

パラリンピックの始まり~日本インストラクター技術協会トリビア

日本インストラクター技術協会のブログへようこそ!

ここでは日本インストラクター技術協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

日本インストラクター技術協会では「アスリート栄養食インストラクター」の資格が取れます。

 

アスリートが目指す最も大きな大会といえば、オリンピックですよね。

 

そして同じ会場で同じ年に開かれるパラリンピックには、オリンピックほどではなくても古い歴史があります。

 

1.パラリンピックの始まり

障がいのある人たちが自発的にスポーツを始めたのは19世紀以降になります。

 

1888年にはドイツでスポーツクラブが作られ、1910年にはドイツ聴覚障害者スポーツ協会が設立されました。

 

初めて国際的な障がい者のスポーツ大会が開催されたのは1924年のこと。

 

パリで開かれた、第1回国際ろう者スポーツ競技大会(現:デフリンピック)です。

 

ただパラリンピックに発展したといえるのは、第二次世界大戦後のことになります。

 

前身となったのは、1948年にロンドンで脊髄損傷の患者のリハビリのために開かれたアーチェリー大会です。

 

その時の参加者の数は16名。

 

その後オランダの選手が加わって、「国際ストーク・マンデビル大会」として毎年開かれていました。

 

2.第1回開催は1960年

参加国が徐々に増えていき、1960年にオリンピックの開催地(ローマ)で同大会が行われました。

 

これがパラリンピックの第1回とされています。

 

3.”パラリンピック”として始まったのは1988年

1988年にはパラリンピックという名前になり、ソウルで開催されました。

 

名称とともに、オリンピックで使われた試合会場を使用。

 

オリンピックと連動して行われ、「もうひとつのオリンピック」となったのです。

 

ちなみにパラリンピックは、はじめは「Paraplegic(対麻痺者の)+Olympics」であったのが、のちに「Parallel(同様の)+Olympics」という意味に変わっていきました。

 

日本インストラクター技術協会にはさまざまな分野の教える資格があります。あなたの得意分野で探してみませんか?

 

 

 

オリンピックで55年後のゴール~日本インストラクター技術協会トリビア

日本インストラクター技術協会のブログへようこそ!

ここでは日本インストラクター技術協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

日本インストラクター技術協会では「アスリート栄養食インストラクター」の資格もそれます。

 

アスリートが目指すものといえばオリンピック!

 

そしてオリンピックの花形種目といえばマラソンですよね。

 

日本が初めてオリンピックに参加したのは1912年のことです。

 

その時の選手は2名。

 

その2名とは短距離走三島弥彦選手と、そしてマラソン金栗四三選手。

 

当時、オリンピック開催地のスウェーデンまでにかかった時間はなんと10日間。

 

その途中で三島選手は病にかかってしまいます。

 

その間金栗選手は発汗予防のため、飲み物を口にしなかったといいます。

 

その状態のまま三島選手の看病をした金栗選手。

 

レース当日の気温は32度と、大変暑い日でした。

 

そして金栗選手は日射病にかかり、途中で倒れてしまいます。

 

コースの近くに住んでいた家族に助けられた金栗選手でしたが、回復後ある決断を迫られます。

 

リタイアか黙って日本に帰るか…

 

リタイアを良しとしなかった金栗選手が選んだのは黙って帰国。

 

その後スウェーデンでは金栗選手は失踪者扱いになったまま、50年の歳月が流れました。

 

その間金栗さんは箱根駅伝の設立に貢献するなど、日本で大変活躍していました。

 

そして1967年のこと。

 

スウェーデンテレビが金栗さんを見つけました。

 

1967年3月にスウェーデンオリンピック委員会が、金栗さんをオリンピック55周年記念式典に招待します。

 

そしてついにゴール!

 

そこで記録されたタイムは「54年8カ月6日5時間32分20秒3」。

 

もちろんオリンピック史上最も遅いマラソンの記録です。

 

金栗さんは1983年に92歳で亡くなりましたが、日本のスポーツ界に大きく貢献した人として名を残しています。

 

日本インストラクター技術協会にはさまざまな教える資格があります。

あなたもトライしてみませんか?

 

 

 

 

食べるクエン酸の効果とは?~日本インストラクター技術協会トリビア

日本インストラクター技術協会のブログへようこそ!

ここでは日本インストラクター技術協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

日本インストラクター技術協会には住まいや料理に関する資格があります。

 

洗剤にはいろいろな種類がありますが、最近はエコ志向でクエン酸を使う人が多いですよね。

 

でもクエン酸を掃除だけに使うのはもったいない!

健康にもすごくいい効果があるんですよ!

 

1.そもそもクエン酸とは?

クエン酸は口にすると酸っぱく感じる「酸味」の成分です。

 

身近なものでクエン酸がたくさん含まれているのはレモンです。

 

その量はレモン全体の約6~7%。

 

それであんなに酸っぱく感じるということは、クエン酸て相当酸っぱい成分ということですね。

 

他にもグレープフルーツや梅など、いろいろな食べ物に含まれています。

 

2.クエン酸の効果って?

100均でもよく見かけるクエン酸ですが、あれはお掃除用なので食べられません。

 

食用は「食品添加物」として売られています。

 

クエン酸には健康にいろいろな効果があります。

 

① 疲労回復

体が疲れると「乳酸」がたまります。

 

これを分解してくれるのがクエン酸

 

新陳代謝を助けてくれるので、疲労回復効果があるんです。

 

② 老化防止

クエン酸にはキレート作用といって、ミネラルやビタミンを吸収しやすくする効果があります。

 

これによって活性酸素を抑止してくれることで、老化防止になるんですよ。

 

③ 血液サラサラ

血液の酸化を抑えて血流をよくしてくれます。

 

④ 美肌効果

新陳代謝をよくしてくれるので、ターンオーバーのサイクルを正常にしてくれます。

 

古くなった角質もスムーズにはがれ、お肌がスベスベに!

 

⑤ ダイエット効果

代謝アップになれば、血流がよくなり冷えも改善されます。

 

すると便秘も解消、ダイエット効果が期待できます。

 

⑥ 食欲増進

クエン酸の酸っぱさで唾液や胃液の分泌が促され、食欲がわいてきます。

 

クエン酸をジュースにしたり、料理に使ってその効果をたっぷり感じてくださいね!

 

日本インストラクター技術協会にはさまざまな教える資格があります。ぜひチェックしてみてください!

 

 

面白いカクテルの名前の由来~日本インストラクター技術協会トリビア

日本インストラクター技術協会のブログへようこそ!

ここでは日本インストラクター技術協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

日本インストラクター技術協会では「カクテルバーテンダー」の資格が取れます。

 

カクテルの名前には、面白い由来があるものもあります。

 

1.スクリュードライバー

スクリュードライバーとは「ねじ回し」という意味です。

 

その昔、油田で働いていた人たちが、ウォッカとオレンジジュースをねじ回しでかき混ぜて飲んだことからこの名前がつきました。

 

2.ギムレット

19世紀のイギリスでのこと。

 

当時イギリス海軍では将校にジンをを配給していました。

 

そのころ軍医のギムレットが、健康のためジンをライムジュースで薄めて飲むように勧めたのがギムレットの始まりです。

 

3.ソルティ・ドッグ

ソルティ・ドッグとはイギリス海軍での俗語で「甲板員」であり、潮風を浴びながら仕事をすることから「塩辛い野郎」と呼ばれていました。

 

当時はジンベースグレープフルーツジュース、塩をひとつまみ入れたもののことだったソルティ・ドッグ

 

アメリカに渡ってから現在のようなスタイルに変わりました。

 

4.ホーセズネック

馬の首を意味するホーセズネック。

 

由来はふたつ。

 

デコレーションされた見た目どおり、グラスにかけたレモンの皮が馬の首に見えたという説。

 

もうひとつはアメリカのルーズベルト大統領が、愛馬の首をなでながらこれを飲んだという説です。

 

5.ブラッディ・メアリー

イングランドメアリー1世は、300人もの人を処刑したため「血まみれメアリー」という異名がありました。

 

ブラッディ・メアリー(血まみれメアリー)は、そのメアリー1世に由来しています。

 

6.ピンクレディ

1912年に上演された「ピンクレディ」の打ち上げで、主演女優にささげられたのが始まりです。

 

日本のかの有名なピンクレディは、このカクテルからつけられました。

 

由来を知っていると、カクテルが一段と味わい深くなるかもしれませんね。

 

日本インストラクター技術協会には、さまざまな分野の教える資格が豊富にそろっています。ぜひチェックしてみてください!

 

 

女人禁制のカフェハウス~日本インストラクター技術協会トリビア

日本インストラクター技術協会のブログへようこそ!

ここでは日本インストラクター技術協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

日本インストラクター技術協会には飲み物に関する資格もあります。

 

ホッとしたい時に寄りたくなるカフェ。

 

でも17~18世紀のイギリスで流行った「コーヒーハウス」は、今のカフェとは雰囲気がずいぶん違ったようです。

 

そもそもコーヒーが誕生したのは14世紀のイエメンでのこと。

 

その後初めてコーヒーを提供するお店ができたのは、1554年のイスタンブール「カフェカーネス」でした。

 

【ロンドンのコーヒーハウスは女人禁制だった】

一方ロンドンで最初のコーヒーハウスができたのは1652年のことで、場所はオックスフォードだといわれています。

 

それ以来ロンドンだけでその数は1683年には3000軒、1714年にはなんと8000軒にもなりました。

 

そんなコーヒーハウスは身分に関係なく、誰でも出入りができていました。

 

たったひとつの条件は「男性」であること。

 

これに当時のロンドンの女性たちが猛反発!

 

市長宛てに嘆願書が出される騒ぎになったといいます。

 

でも結果的には女人禁制は守られました。

 

【コーヒーハウスは情報交換の場所】

当時のロンドンのコーヒーハウスは情報交換の場所でした。

 

そのため政治についての討論や、商談、株取引も行われるようになったのです。

 

その証拠に世界トップクラスの大手保険市場ロイズは、ロイズコーヒーハウスで生まれています。

 

また郵便配達がまだ不完全だったため、私書箱のような役割も持っていたそうです。

 

今のようなホッと一息ひとりの時間をゆったり過ごすというような癒しの場所ではなく、社交の場だった当時のコーヒーハウス。

 

カフェに行ってそんな歴史に想いを馳せるのもいいかもしれません。

 

日本インストラクター技術協会には、さまざまな教える資格があります。ぜひアクセスしてみてくださいね!

 

オシドリは円満じゃない?~日本インストラクター技術協会トリビア

日本インストラクター技術協会のブログへようこそ!

ここでは日本インストラクター技術協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

仲のいい夫婦のことを「おしどり夫婦」とよく言いますよね?

 

このおしどり夫婦、なぜ「おしどり」なのか?

 

【おしどりとは?】

そもそもおしどりとは何なのか?

 

おしどりは「鴛鴦(えんおう)」と書いて、つがいを表します。

 

変換するとこの漢字が出てきます。

 

「鴛」はオスのおしどり、「鴦」はメスのおしどりのこと。

 

夫婦が仲睦まじい様子を例えて「鴛鴦の契り」

 

夫婦がいっしょに寝る布団のことを「鴛鴦の衾(ふすま)」

 

などといいます。

 

どう見ても仲がいい・・・

 

確かに写真などを見ると、オスメスが仲良くいっしょにいる姿がよく見られます。

 

でもその実態は違うんです。

 

【真のおしどりって?】

実はおしどりっておしどり夫婦というほど仲良くないんです。

 

いや、正確に言えばメスが卵を産むまでは「おしどり夫婦」なんですね。

 

そこまでの様子が「おしどり夫婦」の言葉の由来です。

 

おしどりはつがいになると寄り添って、いつもいっしょに行動するようになります。

 

ところがメスが産卵を始めた途端に、オスはどこかへ行ってしまうというんです。

 

時には次のメスに求愛行動をすることも・・・

 

それまでいっしょに行動していたのは仲がいいからではなく、メスが浮気しないように見張っていただけ。

 

最低ですね・・・

 

でもこれは人間から見た感想であって、自然界では子孫繁栄のため当然の行動だそうです。

 

メスはメスでヒナが生まれれば、子育てに一生懸命でオスのことはお構いなし、ていうかそんなころオスはいませんが・・・

 

おしどりはもともと一夫多妻制の動物なので仕方ないのですね。

 

「おしどり夫婦」という言葉があっても、実は当のおしどりはそうではなかったというちょっと矛盾する話ではあります。

 

日本インストラクター技術協会には、動物や料理などさまざま教える資格があります。ぜひチェックしてみてください!