日本インストラクター技術協会

日本インストラクター技術協会で取得できるのは、あなたの得意とする知識や技術、経験を活かして人に教えられるようになる資格です。本業に、副業にその夢を実現させてください。

ファスティングの回復期間のルール《ローフードソムリエ資格の口コミ》

ファスティングはダイエットに効果があるといわれていますが、気になるのはリバウンドですよね。実はファスティングでリバウンドを避けるために重要になるのが、回復期間の食事なのです。

1.ファスティングの回復期間とは?

・普通の食事に戻すまでの期間

ファスティングは準備期間、断食期間、回復期間の3ステップで行います。ファスティングの最後のステップとなる回復期間でも気を抜かずに取り組むことで、効果が発揮されます。

・リバウンドを防ぐ回復食

回復期間の一番の役割はリバウンドを防ぐこと。ファスティングを成功させるカギは回復食にあるといっても過言ではありません。

・消化器官の急激な負担を避ける役割

断食をしていたところに、いきなり消化に負担がかかるものを食べてしまうと、体調不良につながる可能性もあります。回復食を摂る目的は、消化器官の負担を軽くするためです。

2.回復期間のルール

・断食期間よりやや多め

回復期間では、断食期間より少し多めぐらいの食事量にしましょう。少しずつ増やして、徐々に体を慣らしていくことが大事です。

・最初は固形物を摂らない

最初は固形物を摂らず、液体状の食べ物を摂るようにしましょう。例えば具の無いお味噌汁やスープなど、消化の良いものを選ぶのがおすすめです。

・薄味のものを食べる

回復期間では量だけでなく、味付けも大切です。断食期間が終わった後は、体は味の濃いものに慣れていない状態なので、できる限り薄味のもの食べるようにしましょう。普段の味付けのまま食事をとってしまうと、体によくありません。少しずつ調整師ながら味付けすることが大切です。

《ローフードソムリエ資格の口コミ》

ローフードソムリエは、ファスティングダイエットの食に関する基礎知識をしっかり理解している人に与えられる資格です。

ここでローフードソムリエの資格を持つ人たちの口コミをご紹介しましょう。

・いろいろなダイエットを試してみましたが、やっぱりきちんと知識を身につけるべきかもと思い、取りました。ファスティングダイエットは無理なくできる上、健康的に痩せることができました。

・だんじきはやり方を間違えると、体調不良を起こすので怖いと思っていました。正しい知識を身につけてから、実践。飽食気味で胃腸に負担がかかっていたんだと実感しました。体がリセットされたすがすがしい気分です。

・ファスティングしてみて体調が良くなり、ダイエット効果もありました。更にデトックス効果で肌もキレイに!辛かった便秘も解消されました。

 

www.jpinstructor.org

instructorshikaku.hatenablog.com

instructorshikaku.hatenablog.com

instructorshikaku.hatenablog.com