日本インストラクター技術協会

日本インストラクター技術協会では、教える力を中心とした技術の水準の向上、各スキルの社会的地位の確立を目標に、資格認定制度を実施しております。各スキルを利用する企業、現場において要求される基本的な技術を十分理解した上で、用途や目的に応じて、技術の有効活用を行うことができる人材の育成を目的としています。

フランスパンの種類と由来~日本インストラクター技術協会トリビア

日本インストラクター技術協会のブログへようこそ!

ここでは日本インストラクター技術協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

日本インストラクター技術協会には「ベーカリーパティシエ」の資格があります。

 

パンの中でもオーソドックスなフランスパンには、根強い人気がありますよね。

 

このフランスパンの中にもいろいろな種類があります。その名前の由来をご存知ですか?

 

1.バゲット

日本でフランスパンと呼ばれているのはこのことバゲットのこと。

 

バゲットとは「杖」、「棒」という意味です。

 

60㎝ほどの長さに作るのが一般的です。

 

材料は小麦粉とイースト、水、塩といたってシンプル。

 

2.バタール

バゲットとよく似ていますが、長さが40㎝ほどと短くなり、やや丸みがあります。

 

そして大きな3本の切れ込みと、バゲットよりも中のやわらかい部分が多いのが特徴です。

 

4.パリジャン

日本では「パリっ子」とも呼ばれるパリジャン。パリジャンとは「パリのパン」という意味です。

 

バゲットと同じ作り方ですが、長さが70㎝ほどとやや長めで太いのが特徴です。

 

厚めに切ってサンドイッチにしたり、カナッペのようにして食べます。

 

5.フィセル

バゲットを細くして、長さを30㎝ほどに短くしたのがフィセルです。

 

フランス語でフィセルは「紐」を意味します。

 

食べきりサイズでカナッペとしても使えます。

 

6.ブール

クロスの切り込みを入れた丸い形のブール。由来は見た目どおりの「ボール」です。

 

サンドイッチにしたり、シチューにつけて食べたりします。

 

7.パン・ド・カンパーニュ

「田舎風のパン」という意味を持っています。

 

フランスパンの中ではきめ細かいくウェット感があるのが特徴。

 

天然酵母を使って作られます。

 

8.シャンピオン

シャンピニオンとは「きのこ」のこと。

 

見たとおり、きのこのような形がかわいらしいフランスパンです。

 

「傘」を取って食べられる容器にも使われます。

 

日本インストラクター技術協会には、料理の他にも教える資格が大変豊富です。あなたもトライしてみませんか?